mobile ver.

愛環ノスタルジー
(2005-11-10)

< ページ移動: 1 2 >

 先日、愛知環状鉄道の旧型車輌が廃止されるというニュースが報じられました。愛知環状鉄道...そういえば確か開業の日に乗りに行ったなぁと思い、押入れをゴソゴソと探したら懐かしいものが出てきましたので、今回廃止される車輌の写真などとともにご紹介します。

 まずは八草駅の写真から。八草駅は万博開催期間中、万博八草駅として10両編成のエキスポシャトルが停車できるホームとなっていましたが、万博が終わって再び静かな無人駅に戻ろうとしています。この写真は万博開催期間中のもので、愛知環状鉄道のマスコットキャラクター「あるるくん」と、愛・地球博のモリゾー・キッコロが一緒にいた飾り付けです。わずか1ヶ月半前のことですが、かなり昔のことのように感じます。万博八草駅にあったスタンプ、万博廃人の方は当然押しましたよね?

写真

 続いての写真は、この9月末をもって廃止となった100系車輌です。愛環といえばこの配色というイメージがありました。そりゃそうです。開業から15年間ずっとこれだったのですから。最高時速は80キロで、のんびりとしたローカル列車という風情がありました。万博開催期間中は、万博八草駅の飾りつけ同様、モリゾー、キッコロとあるるくんが先頭に貼り付けられていました。

写真

 愛知環状鉄道は1988(S63)年1月31日に開業しているのですが、その前年、1987(S62)年に車両デザインの募集がありました。対象は中学生と小学5・6年生でした。当時私は小学校5年生。学校でそのチラシをもらいました。今回押入れを探ってみたらそのチラシが出てきました。我ながら物持ち良いなぁ。このチラシ、印刷代をケチったのかカラーではなく、白地に赤と青のインクで刷られています。そういえば、結局採用された車両デザインは白地に赤と青...。このチラシの頃から実はイメージが決まっていた出来レース?なんてことは無いですよね。

写真

< ページ移動: 1 2 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET