mobile ver.

日本初のココストア・名古屋発祥のコンビニは生き残った!ばくだんおにぎりも店内調理も継続
(2016-09-04)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

★愛知県春日井市にある日本初「コンビニ発祥の地」のココストアは今...
★ココストアとサークルKとサンクスはファミリーマートになったはずだった
★店名こそ違えど商品ラインナップも...そして会社名も!

 コンビニ業界4位、ユニー傘下のサークルKサンクスは9月1日、新たに統合された「FU ユニー・ファミリーマートホールディングス」傘下となり、社名を「ファミリーマート」と変更しました。

 サークルKサンクスが社名を変更する形で新・ファミリーマートとなったため、会社名としての「サークルKサンクス」は既に消滅。店舗ブランドの「サークルK」と「サンクス」も、2018(H30)年2月末までにすべて「ファミリーマート」へと変更または閉店となり、サークルKは完全消滅します。何かが残る要素がありません。

 その一方で、2015(H27)年10月1日付で一足先にファミリーマートに買収されたココストアは、12月1日にファミリーマートに吸収合併され、法人は解散、店舗はこの8月末をもってすべて姿を消す...はずでした。いや、確かに店名としては消したのですが...。

 日本初のコンビニとして1971(S46)年7月11日に開店し、「日本のコンビニエンスストア発祥の地」という記念碑の置かれていた、ココストア藤山台店に行ってみると、店名こそ違えど、なんと、ココストアは日本初のコンビニとして、名古屋発祥のコンビニとして、残り続けていたのです。

写真

ココストア1号店はタックメイトになっていた

 9月に入り、青と緑の店になっているのではないかと、おそるおそるココストア藤山台店のあった場所へ行くと...。ファミリーマートではなく、なんと、「TAC-MATE(タックメイト)」というコンビニになっているではありませんか。

 しかも、配色はココストア当時のまま。タックメイトは本来、緑色とオレンジ色の配色になっているはずなのですが、明らかにココストア色のタックメイトです。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET