mobile ver.

イタリアから世界へ「書」でメッセージ...書家・一ノ瀬芳翠先生ミラノ万博報告会
(2015-10-31)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★名古屋と姉妹都市のトリノで「NAGOYA DAY」
★ミラノ万博のステージで書道パフォーマンス
★愛知・名古屋からイタリアへ世界へ

 2015(H27)年の5月1日から10月31日まで、イタリアのミラノで開催された国際博覧会「ミラノ万博」。「食」をテーマにしたこの万博で、日本館にはレストランとして「サガミ」「壱番屋」「柿安」と、この地方の縁の企業が出店しました。そして、日本館は展示デザイン部門で金賞を受賞しました。

 その金賞受賞が発表された閉幕日の10月31日、ミラノ万博・日本館ステージで、日本を代表する文化である「書」を披露した、名古屋の書家・一ノ瀬芳翠先生の「一ノ瀬芳翠ミラノ万博帰国報告会」が、名古屋のキャッスルプラザ・ビストロ・ドファンドールにて行われ、お招きいただきましたので、参加させていただきました。一ノ瀬先生が愛知・名古屋からイタリアへ、イタリアから世界へ、書で発信したこととは。

写真

まずは姉妹都市で「NAGOYA DAY」

 8月、イタリアへと旅立たれた一ノ瀬先生は万博に先立ち、ミラノから150キロ弱西にあります、トリノで行われた行事に参加されたとのこと。トリノは名古屋市の姉妹都市。今年は、名古屋市とトリノ市が姉妹都市提携をして10周年です。参加されたのは、それを記念しての行事です。

 8月2日(日)、トリノのカリニャーノ広場で行われたのが、名古屋PRイベント「NAGOYA DAY(名古屋デー)」です。名古屋を体験できるワークショップ、いわゆる「なごやめし」の試食、そしてステージイベントが、世界遺産の街並みのなか開催されました。

写真

 そのオープニングセレモニーでは、世界遺産をバックに、「友」の文字を一ノ瀬先生が揮毫された鳴海絞りの布に、名古屋市の河村市長と、トリノ市のブラッチャラルゲ副市長がサインを。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET