mobile ver.

日本初「コンビニ発祥の地」はどうなる?...ココストアをファミマが買収で
(2015-09-09)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

★愛知県春日井市にある「日本のコンビニ発祥の地」
★ココストアは2001年まで最強のコンビニだった
★44年間の歴史に幕をおろすのか

 以前から報道はありましたが、正式に「ココストア」が「ファミリーマート」に買収されるとの発表がありました。コンビニ業界は規模の競争の時代に入り、大手が中堅を吸収するという傾向が続いています。

 「ココストア」は、名古屋を中心に中部を地盤とする中堅コンビニという顔のある一方で、「日本初のコンビニエンスストア」という顔も持っているということは、あまり知られていません。と言いますのも、コンビニエンスストアという業態の定義自体がかつては曖昧で、はっきりとそうであると言い切れない面もあるからです。

 とはいえ、現在もココストア1号店には「日本のコンビニエンスストア発祥の地」という記念碑が置かれ、直営店として44年間に渡って営業を続けています。さらに、かつてココストアには「最強コンビニ」として業界で謳歌した時代がありました。

 消えゆくの名を惜しみつつ、日本のコンビニ発祥の地で、ココストアの隆盛を振り返ってみましょう。

写真

吸収合併なので店名は消える

 ファミリーマートの発表によると、10月1日付でココストアを買収し完全子会社化。店名はファミリーマートに変更することとし、12月から約1年をかけて掛け替えを行うとのこと。ファミリーマートはこれまでにもam/pm(エーエムピーム)を買収するなど拡大戦略をとってきました。

 店舗数1位のセブンイレブン(18,092)、2位のローソン(12,142)2強時代と言われるなか、3位のファミリーマート(11,444)はココストア(657)を吸収、さらに4位のサークルKサンクス(6,334)とも統合協議を行っており、統合が実現すればセブンイレブンを超える店舗数を誇ることとなります。

 ココストアは先月まで、5位のミニストップ(2,172)との提携を続けてきましたが、当然解除。2位のローソンもポプラ(526)やスリーエフ(560)と提携するなど、業界再編の動きは加速しています。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET