mobile ver.

床が透明!台湾・猫空ロープウェイはまさに空中散歩!
(2015-02-07)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

★台北郊外にある猫空(マオコン)は都会のオアシス的存在
★普通のゴンドラとは違う床が透明のキャビンがある!
★台北の市街地を眺められて景色抜群、床が透明で迫力も抜群

 台北で一日ひとり遊べる日がありまして、猫空へと行ってきました。猫空は茶畑が有名な自然あふれるスポットでありながら、台北の街並みを一望でき、また、軽いハイキングにもぴったり。しかも、猫空へと向かうロープウェイにはなんと、床全面透明のキャビンもあって、行程は全長4キロ!高低差は275.2メートルもあるといいますから、これは大迫力間違いありません。

 床が全面透明のロープウェイ、想像以上でした。

写真

地元向けガイドブックでチェック!

 台北でせっかくのんびりできる時間があるのだから、地元の人がちょっとした旅気分で観光する場所に行ってみたい!ということで、こういう場合は地元の人が読むガイド本で探そうと、言葉もわからないのに、台湾で人気のイラストレーター彎彎さんの「不歪腰玩樂筆記」を購入。目に留まったのが「猫空」でした。また同時に、ツイッターのフォロワーさんも猫空をオススメしてくれたということもあって、これはもう行くしかないでしょう。

写真

 猫空へは、MRT文湖線(文山線)の終点「動物園駅」が猫空ロープウェイの「動物園駅」と併設になっていますので、気軽に行くことができます。MRTの動物園駅を降りますと、さすが動物園駅ですね。パンダ、パンダ、パンダ!パンダのイラストがいっぱいです。やはりパンダというのは、どこでも動物園の目玉になり得る存在ということですね。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET