mobile ver.

お山の上の遊園地で聞き覚えのあるCMソングが−スカイランドいこま
(2007-04-05)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 近鉄生駒ケーブルに乗っていよいよ生駒山上へとやってきました。生駒山上駅を出るともうそこは生駒山上遊園地の入口。と言っても、この生駒山上遊園地「スカイランドいこま」は現在、入場料金を取らない遊園地となっていますので、入場ゲートなどがあるわけではありません。それぞれのアトラクションに乗る際に料金が必要となります。名古屋で例えますと、港にあるシートレインランドと同じ方式です。奇しくもどちらも鉄道会社系の遊園地です。

 今回は、この生駒山上にある奈良県唯一の遊園地と、半年前まで営業していたもうひとつの遊園地の残骸を見ていくことにします。半年前までは唯一の存在ではなかったのです。

写真

 生駒山上遊園地はその名のとおり、奈良県と大阪府の府県鏡にある生駒山の山頂にあり、ケーブルカーもしくは、信貴生駒スカイライン(有料)にてマイカーで訪れることができます。営業しているのは3月中旬から11月末までで、基本的に営業時間は午前10時から午後5時までとなっています。大型連休や夏休みにはナイター営業も実施されます。それぞれのアトラクションは1回300円といった乗り方もできますが、のりものフリーパス(大人3,000円)、ジュニアパス(中学生以下2,700円)を利用すると乗り放題となります。大人と子どもの値段の差の小ささにビックリ。

 古い遊園地という雰囲気を隠すことはできませんが、アトラクションの入れ替えは現在も行われており、この春に「ジャンピングスター」と「メジャーオービット」が新登場しています。私たちは訪れたのが夕刻前ということもあり、パスを買ったりアトラクションに乗ったりといったことはしませんでしたが、標高642メートルの山頂という立地の良さから、アトラクションそのものだけでなく、アトラクションに乗りながら見られる景色がさらに開放感をアップしてくれることでしょう。入場料は無料となっていますので、遊園地の敷地内にある展望台などから絶景を眺めたり、ベンチでお弁当を広げたりすることもできます。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET