mobile ver.

アランジアロンゾのテーマカフェ-ARANZI Cafe台北2号店
(2013-10-03)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

★あのアランジアロンゾのテーマカフェは台湾だけ
★店内は細かいところにまでぜんぶイラストが
★ドリンクもパンケーキもかわいすぎる

「ぐるり台湾カワイイめぐり」と題して、台湾で「カワイイ」探しの旅。つづいては日本のキャラクター作家のテーマカフェです。その作家とはアランジアロンゾさん。愛・地球博のモリゾーとキッコロ、中部空港セントレアのなぞの旅人フー&セントレアフレンズと、名古屋っ子にもおなじみですよね。PiTaPaのぴたポン!もいいですよね。

 ブランド名ともなっているアランジアロンゾは、大阪を拠点に日本国内各地に直営店を展開されていますが、カフェがあるのは実は台湾だけ。しかもこの春に3号店がオープンしたというのですから、台湾での人気ぶりが伺えます。では、覗いてみましょう。

写真

台湾の合弁三越にもライオン

 やってきましたのは、台北新光三越南西店。その2館の4階にあります。さすが三越。台北にもライオンがいるのですが...地球に右前足を乗っけていますね。さすが海外店。ところで、店名の「新光」とは?現地の方に聞いてみますと、「新光」とは台湾の企業で、新光三越は日台の合弁となっているのだそうです。日本企業は、台湾に進出する際に台湾企業と合弁という形をとるとスムーズに参入できるとのことです。一方で「日本企業は単独で進出するとうまくいかないんですよ。あのお店はその典型です...」と、青い看板の紳士服店を指差して教えてくれました。

 ちなみに。台湾の三越は富裕層しか立ち寄れないような価格帯のお店となっていまして、日本よりも敷居が高い感じです。現地の方には「日本のものが日本よりも高く売っているお店なので、日本人が行く必要はまったくありません」と止められてしまいましたが、いや「台湾にしかないアランジアロンゾのカフェに...」と言うと「え?日本には無いんですか!?」という反応。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET