mobile ver.

陰陽師は名古屋を経て長野へ?−安倍晴明の墓
(2007-03-26)

< ページ移動: 1 2 3 >

 平安時代に陰陽師として活躍した安倍晴明。天文を基にした占術や呪術など特異な力を持っていたとされ、近年では小説や映画などでその活躍を知ることができます。その陰陽師・安倍晴明のお墓が木曽の山中にあります。おや?と思われる方も多いかもしれません。安倍晴明は大阪の阿倍野区で生まれ、お墓は京都にあるというのが通説です。それがなぜ木曽の山中にあるのでしょうか。

写真

 安倍晴明は921(延喜21)年に生まれたとされています。大阪の阿倍野生まれとも言われていますが、他にも出生地としているところはいくつもあります。父は同じく陰陽師であった安倍保名(あべのやすな)で、この保名が信太(しのだ)明神に参った際に命を助けた狐が、美女に姿を変えて保名と結ばれ、晴明が生まれたといわれています。その後、狐は正体がバレてしまい、姿を消します。関西の一部できつねうどんのことを「しのだうどん」と呼ぶのは、この狐を由来としています。

 安倍晴明は関白だった藤原道長に仕え、中国の陰陽五行説によって天体観測暦を作成したり、もちろん祈祷や占いなどもしていました。「金烏玉兎集」「占事略決」といった書物を編纂しており、狐から生まれた子であるかどうかはわかりませんが、実在の人物であったことは確かです。晴明は1005(寛弘2)年に亡くなっていますので、85歳と、当時としてはかなりの長生きでした。

 長野県木曽町にある安倍晴明のお墓には、晴明の像と安倍家の家紋である「晴明桔梗印」(五芒星)が記されています。晴明像は右手をモミアゲのところに掲げており、やはり独特の気を放っています。

写真

 お墓自体は畑のなかにあるのですが、国道の反対側には数台分の駐車場が用意されており、そこに私たちが車を停めると、1台の車が駐車場に入ってきて、「晴明さまのお墓でしたら、あちらにありますよ」と教えてくれました。するとその車はそのまま去っていきましたので、たぶん地元の方でしょう。そしてお墓の横には、木曽町として合併する前の木曽福島町によって立てられた説明看板もあります。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET