mobile ver.

浦島太郎が玉手箱を開けた場所−寝覚の床
(2007-03-24)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 トッピーネットでは昨年、山梨県のカチカチ山で昔話「かちかちやま」の考察をしたことがありました。昔話というのは、どれにも教訓や感受性を育てる要素が盛り込まれているものです。しかもそれは明快で、桃太郎にしても鶴の恩返しにしても、細かい部分には難しい要素があるものの、大筋の教訓は容易く理解できるのが昔話というものです。しかし、私と相方の間で何度も議論になり、ずっと主題さえ理解しきれない昔話があります。それは「浦島太郎」です。

 浦島太郎は亀を助け、そのお礼にと竜宮城で乙姫の接待を受けます。そして帰り際、乙姫は「絶対に開けてはいけませんよ」と言って「玉手箱」というおみやげを浦島太郎に手渡します。しかし竜宮城から戻った浦島太郎は、玉手箱を開いてしまいます。すると箱から白い煙がもくもくと出てきて、浦島太郎はおじいさんになってしまい、物語はそこで終わってしまいます。良いことをしたにもかかわらず、ハッピーエンドにならないこの浦島太郎。二人で何度議論をしても埒が明かないので、そこにはどんな意味があるのか、浦島太郎が玉手箱を開けた場所とされている、長野県上松町に実際に行ってみました。

写真

 上松町にある「寝覚の床」。木曽川の両岸に不思議な形をした岩が転がるこの場所は、国の名勝史跡天然記念物に指定された景勝地として知られています。木曽川の水流によって侵食された花崗岩が「自然の彫刻」を形成していて、まるで人工的に作られたかのような、屏風や床、そして亀のような形の岩があり、その間にはエメラルドグリーンの色をした水面が輝き、幻想的な空間を作り出しています。

 国道19号沿いにある町営の駐車場近くには展望台があり、その姿を遠くから眺めることができ、多くの観光客はそこで景色を楽しむわけですが、私たちの目的はその綺麗な景色を楽しむことではありません。浦島太郎に、なぜ玉手箱を開けてしまったのか、乙姫はなぜあなたに玉手箱を渡したと思うか、を聞きにきたのです。ですから、そこからまるで崖のような階段を下って、川面へと向かいます。国道沿いを走るJR中央本線をくぐり、勾配が急なために何度も折り返す階段を下りていきます。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET