mobile ver.

悲しい伝説に直結するサービスエリア−尼御前SA
(2006-12-02)

< ページ移動: 1 2 3 >

 過日、所用で石川県の金沢市へと行ってきたのですが、その途中北陸自動車道に興味深いサービスエリアがあったのでレポートします。そのサービスエリアは悲しい伝説の残る岬へと通じており、さらにその岬にある遊歩道は、とんでもないところへと通じています。警告看板を無視して遊歩道を歩くとあなたも伝説になってしまう。そんな場所です。冬の日本海の荒波を見ながら伝説に触れてみます。

写真

 北陸自動車道は名神高速道路と接続する滋賀県の米原ジャンクションから、磐越自動車道などと接続する新潟中央ジャンクションを結ぶ476.5キロの路線です。普段、東名や名神を走りなれている名古屋っ子にとっては、交通量が少なく感じるとともに、サービスエリアおよびパーキングエリアの無さにビックリしてしまいます。サービスエリア案内にも「次のサービスエリアは61km先」といった表示がつけられています。それでも休憩する人は多いことから、サービスエリアの混雑具合は逆に東名や名神よりも激しく感じます。

 滋賀県から福井県へ。左手に市街地、右手に山並みを見ながら進んでいきます。そして石川県に入り、加賀インターチェンジを過ぎると「尼御前」というサービスエリアがあります。米原から140キロ弱のところです。名古屋近郊のサービスエリアのように、民間開放でチェーン店が立ち並ぶ...という風情ではなく、一昔前のサービスエリアの佇まいを残しています。近鉄が経営するレストランやスナックショップがあります。その最も右手にトイレがあるのですが、そのトイレの横から伝説の岬へと歩道が続いています。

写真

 歩道を歩いていくと、厳重に歩行者しか通さないようになっている柵を通ってサービスエリアの外に出る格好になり、その先に尼御前公園があります。海岸に松並木があり、もの悲しい雰囲気が漂っています。公園に入ると尼さんの像が。この像こそ、尼御前岬の名前の由来となった尼御前です。その昔、源義経が兄である頼朝の怒りを買い、都を追われて奥州平泉の藤原氏の下へと逃れようとこの地を訪れました。その従者のなかにいた一人の尼、それが尼御前です。

写真

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET