mobile ver.

土器を投げて神様にお願い−河口湖天上山
(2006-10-03)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 先日の記事で、山梨県河口湖畔にある天上山、通称「カチカチ山」と昔話「かちかちやま」についての考察をしましたが、今回は純粋に天上山公園を観光という視点でレポートしたいと思います。山梨県富士河口湖町にある「天上山公園カチカチ山ロープウェイ」は、標高856メートルにある河口湖畔駅と標高1,075メートルにある天上山富士見台駅を結んでいて、高低差219メートル、全長460メートルをわずか3分で結んでいます。富士見台駅という名のとおり、登ったところにある展望台からは富士山が一望できるはずだったのですが...。ちなみにこのロープウェイ、往復券と片道券両方があります。なぜ片道券が存在するのでしょうか。

写真

 ロープウェイの料金は往復が700円、片道が400円です。子どもはそれぞれ半額です。河口湖周辺のホテルや観光案内所などにある割引券を使うと、往復大人630円、子ども320円となります。ロープウェイは年中無休で、12月から2月は朝9時30分から午後4時40分まで、それ以外の時期は朝9時から夕方5時過ぎまで運行しています。運行間隔は5分から10分で、人が集まれば出発といった感じです。平均勾配は30度もあり、スピードも速く本当に気持ちよくスーっと登っていきます。眼下には河口湖全体が一気に広がります。

写真

 富士見台駅を降りると、先日の記事でご紹介しました、タヌキやウサギのキャラクターが配された展望台があります。そこには、いかにも観光地らしい、ハートの形をした鐘があります。「カチカチ山天上の鐘」です。天気が良ければ、このハートの向こうに富士山が見えるとのことだったのですが、この日は天気は良かったのですが、ちょうど富士山の方向に雲がかかっていて、何も見えませんでした。「鐘を鳴らしてください」「記念写真をどうぞ」と説明はありますが、よくある「二人で鐘を鳴らすと幸せになれます」といった無責任な記述はありませんでした。鐘を鳴らしただけで幸せになれるのなら、どれだけでも鳴らしますよ...ねぇ。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET