mobile ver.

ドラマを体感!庄屋を体感?合戦を体感!浅井会場
(2011-09-09)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★ドラマを体感できるけど像との整合性が...
★資料館のジオラマに思わず感情移入
★川が血で染まったという合戦の地へ

 小谷城址の「江・浅井三姉妹博覧会」小谷会場から国道365号を車で走ること10分弱。浅井会場に到着です。ここには、今年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」そのものを深く紹介した「浅井・江のドラマ館」があるほか、近隣には「浅井歴史民俗資料館」も。この資料館は結構感情移入ができました。さらに「姉川古戦場」へと足を運んで、浅井長政と織田信長の戦いを、より深く感じます。

写真

今年の大河ドラマ好きにはたまらない展示の数々

 プラザふくらの森にあるのが、「浅井・江のドラマ館」です。「おいちごちゃん」と「ながまちゃくん」のパネルが出迎えてくれるこのドラマ館では、小谷の江のふるさと館よりもさらに、今年の大河ドラマそのものに絞った展示の数々に触れることができます。

 演じてらっしゃる役者さんのコメントですとか、実際にドラマのなかで使用された小道具、衣装などがずらりと並べられ、大河ドラマを見ている方でしたら「あ、この衣装はあのシーンで使われていたものだ」とお気づきになるでしょう。

写真

 また、会場内には映像展示コーナーがありまして、そこでは小谷城址でのロケの様子を見ることができます。桜馬場跡での撮影の大掛かりさに驚き。さすが天下のNHK大河ドラマです。先ほど、実際に行った場所だけに「ああ、あそこで」という気持ちが強くなります。

 ドラマを録ったのもあの場所、歴史の舞台となったのもあの場所。実際の場所で撮影するというのは、役者さんにとっても、気持ちの入り方が違うでしょうね。

あの子、誰?

 周囲には飲食ブースですとか、おみやげ館もありまして、お江グッズのほか浅井の名物がたくさん販売されています。思わず獲れたての野菜を買ってしまいました。

 この会場で一番気になったのは、そのドラマ館の前にあった「家族」というタイトルの浅井家の方たちの像。浅井の地から琵琶湖・竹生島を望んでいる様子を表していて、浅井長政、お市、そして「四人の子供達」。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET