mobile ver.

お江の生誕地へ歩いて登ったら湖国の絶景!小谷城
(2011-09-08)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

★お江の生誕地は悲劇の始まりの地
★桜馬場跡からはドラマで見た絶景
★戦いの痕跡を辿りながらの山歩きは汗だく

 今年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」。前回は「江・浅井三姉妹博覧会」の「小谷・江のふるさと館」と「小谷城戦国歴史資料館」をご紹介しました。今回は実際に、小谷城のあった小谷山へと登ってみたいと思います。ガイド付きバスも運行しているのですが、日頃の運動不足解消と、徒歩で登ってこその絶景の素晴らしさを体感するために、無謀にも真夏に徒歩で頑張ることにしました。果たして、本丸跡までたどり着けるでしょうか...。

写真

いきなり生い茂る木々

 小谷城戦国歴史資料館のある「清水谷」から「小谷城址」へは「追手道」を歩きます。「小谷城登山道・歩行者ルート」という看板がありますので、そこを歩いていきます。歩き始めは、道の両側に畑もあって長閑なのですが、歩き始めてわずか3分でその道は登山道のような様相に変わります。いや「ような」じゃないですね「登山道入口」という標識がありましたから。

 真夏の昼間、晴れているにもかかわらず、生い茂る木々のなかであたりは薄暗く、ひと気もほとんどありません。しかし、暗いといっても真夏。蒸し暑さは尋常ではなく、汗が滝のように流れ落ちます。もうこの時点で「バスにすればよかった」と思ったものの、先ほどの理由を挙げて無理に付き合わせた相方の前で、そんなことは絶対に言えません。

写真

援軍の名残2つを経由して登る登る

 歩くこと20分。最初の見どころ「真柄峠」です。ここは、六角高頼が小谷城を攻めた際、浅井亮政を助けるため、越前から朝倉金吾教景が来援。その際に従ってきた武将・真柄備中守がここを守ったことからその名が峠につけられたところです。1525(大永5)年7月のことです。

 さすが、急な山道を20分登ってきただけあって、既にここから見える景色は爽快感があります。爽快感を味わう目的は達成したと今さら言っても、ここからバスに途中乗車というわけにはいきませんので、山道をさらに歩いて登ります。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET