mobile ver.

青空と連邦の白いヤツ−静岡ホビーフェア(1/2)
(2010-08-22)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

★1年ぶりに公開!実物大ガンダム立像
★今年はビームサーベル!
★ガンプラ30周年記念で長沼なんだね

「1年ぶりに実物大のガンダムが見られる!」ということで、相方の強い希望もあり、さっそく静岡市へと行ってきました。

 トッピーネットでは昨年、東京・お台場で公開された実物大ガンダムをレポートしましたが、これは相方が単独で行ったものでして、実は私は見ていません。

 相方にとっては1年ぶり、私にとっては初めての実物大ガンダムとなります。真夏の炎天下に白く輝くガンダム、夕暮れにたそがれるガンダム、そして暗闇にライトアップされたガンダム。全てを見てきました。そう、そのためだけに静岡に行ったようなものです。今回は、写真を多めにレポートします。

写真

東静岡な理由

 今回、実物大のガンダムが立っているのは、JR東静岡駅前にあります「東静岡広場」です。この場所なのには理由がありまして、長沼は、ガンプラにとって特別な場所だからなのです。

 それを感じるためには、JRではなく、並走している静岡鉄道の静鉄電車に乗車されることをオススメします。静鉄の唯一の路線である、静岡と清水を結ぶ「静岡清水線」に乗り「長沼駅」で降りると、わかります。

写真

 長沼駅の目の前にあるのが「バンダイホビーセンター」です。

 ハンダイホビーセンターとは、国内で唯一の「ガンプラ=ガンダムのプラモデル」の製造拠点であり、外観に、ガンダムに関するイラストが配されているほか、建物の高さが初代ガンダムと同じ高さになっているというのです。

 工場見学は大変な人気で、その見学者の世界観を壊さないために、製造する機械にはガンダムの世界らしい装飾がなされているうえに、従業員は連邦軍の制服を着ているというのですから、これは一度見てみたいものです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET