mobile ver.

竜神に身を捧げた長者の娘−麻那姫湖
(2010-07-08)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

★酷道の手前には金色の姫様が
★竜神のもとに自ら旅立った
★毎年姫を弔う祭りを...今は?

 さて、今回の岐阜県と福井県の県境探訪は、日帰りなのでそろそろ帰らないといけません。福井へやってくるときは、郡上市白鳥町から油坂峠の新しい無料の高速道路、中部縦貫道を通ってきたわけですが、それ以外にルートは無いかと、ナビゲーションに探索させてみます。

 そこで表示された道路の先にあったのは、悲しい伝説でした。二重の意味で...。

写真

こんなところに懐かしの名古屋企業ロゴが

 福井県大野市から岐阜県へと帰るのですが、その前に。名古屋っ子として一ヶ所寄っておきたいところがありました。いやこの場合は、名古屋っ子というよりも、瀬戸市民としてと言った方が良いかもしれません。

 かつて、瀬戸市や多治見市などに複数の衣料品店をチェーン展開していた、名古屋市に本社を置く「エビスヤ」という会社があります。特に瀬戸市には複数の店舗を構え、最盛期には、宮前にエビスヤショッピングセンターを持ち、地下にはカネスエというスーパーが入っているほどの規模でした。

 しかし、近年では瀬戸市の店舗は全て閉鎖され、多治見市のショッピングセンターにテナントとしてその名を残している程度でした。ところがです。この大野市にはその「エビスヤ」ロゴを大々的に掲げたショッピングセンターがあるのです。

写真

 それは、もショッピングモールVIOです。スーパーマーケット「かじ惣」をはじめ、ダイソーやミスタードーナツが入っており、大野市街からは外れているものの、油坂峠道路から続く国道158号線沿いにあり、逆に市街地よりも賑わっているほどです。

 実は、このショッピングモールには3年半前に訪れたことがあり、その時は、大々的に掲げられた「エビスヤ」ロゴと、かなりの広さを誇るそのエビスヤの売り場面積に、思わず感慨深くなってしまったのですが...。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET