mobile ver.

世界最長の未来はあの人の手中に−大阪モノレール
(2010-05-13)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

★世界最長モノレールは大阪に
★万博で大活躍した?してない?
★空港と繋がって成功・その空港もモノレールもあの人が...

 トッピーネットでは2007(H19)年12月「夢の鉄道モノレール」と題して、かつて、未来の移動手段として、夢と希望が詰まった公共交通という存在だったモノレールが今、どうなっているのかをレポートしたことがありました。

 ちょうどその時、日本で最も古い車両が現役で使われ続け、輸送手段として最古の存在で、この地方を走る唯一のモノレールである「名鉄モンキーパークモノレール線」の廃止が決まり、その1年後、この地方からモノレールは姿を消しました。

 当時取材した路線が横浜ドリームランド線、向ヶ丘遊園モノレール、多摩モノレール、そして名鉄モンキーパークモノレール線であったことから、未来の夢の乗り物だったはずのモノレールは、朽ちてゆくか、債務が累積していくか...と、暗いレポートばかりになってしまいました。

 しかしそれは、一方的な視点でしかないのではないか、ということで今回、別の、ギネスブックにも載っているモノレールに乗ってみることにしてみました。さすが、近年延伸するだけのパワーがあるモノレールは違うな!と思ったものの、終着駅で見たものは...。

写真

世界一のモノレールなのです

 今回乗ってきましたモノレールとは、大阪市の北側を走る大阪高速鉄道の「大阪モノレール」です。大阪市の北東部にある門真市から、守口市、摂津市、茨木市、吹田市、豊中市を結ぶ「本線(大阪モノレール線)」と、途中の万博記念公園駅から分岐した「彩都線(国際文化公園都市線)」からなり、総営業距離は28キロ。モノレールでこれだけの距離を結んでいる路線は世界に他に無く、ギネスブックにも掲載されています。

 ということは、逆に考えると、これ以上の規模のモノレールは今は世界に存在しないということになります。かつては、新幹線の代わりに走らせようという壮大な計画まであったモノレールの最終発展形がここ、なのです。今のところは。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 7 >

コメント(3)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET