mobile ver.

太陽の塔が今もそこにある理由って...万博記念公園
(2010-04-05)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

★太陽の塔...こんなに大きいんだ
★初めて来た場所とは思えなかった
★70年代が現代に教えてくれること

 愛知県犬山市の日本モンキーパークで、大阪万博の1年前に作られたという「若い太陽の塔」が7年ぶりに公開され、この記事「7年ぶりに公開・若い太陽の塔−日本モンキーパーク」にてレポートしました。

 故・岡本太郎氏の言葉によると、若い太陽には、生まれ変わる生命、バイタリティ、濃い青春の彩といった想いがこめられていたわけですが、それでは、その翌年に作られた、太陽の塔には何があるのかが気になり、私は初めて、今から40年前に開催された大阪万博の会場跡地に訪れてみました。そこには妙な懐かしさが。

写真

初めて来たのに...

 大阪万博こと、「日本万国博覧会」は、1970(S45)年3月14日から9月13日まで開催された、日本で初めての国際博覧会でした。私はこれまで、資料などでその様子を見たことはあったのですが、記憶が無いどころか、生れるよりも何年も前のことなので、そこまで思い入れも無く、万博記念公園にも訪れたことはありませんでした。

 大阪モノレールに乗って万博記念公園駅で降りると、もう、いきなり目に入ってくるんですね、太陽の塔。この時点で、犬山の「若い太陽の塔」との大きさの違いは歴然。その迫力に、駅から見た時点で圧倒されました。

写真

エキスポランドの跡地が...

 万博記念公園駅は、公園の中央部にありまして、東西に大阪モノレールと中国自動車道が走っています。その北側には、太陽の塔のある自然文化園と日本庭園、一方南側には、スポーツ施設と...そう、昨年倒産して閉園となった遊園地「エキスポランド」がありました。

 エキスポランドの跡地では、3月27日から来年3月31日まで「ファームエキスポ」という、農業体験施設が期間限定でオープンしていました。そのキャッチフレーズが...。

「今こそ、農と言える日本へ。」

 ...。では、足を自然文化園へと進めましょう。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET