mobile ver.

妖怪が商店街活性化!どころじゃない!!-水木しげるロード
(2008-10-24)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 さて、境港のレポートも3回目になります。今回は、観光客としての目線ではなく、街の活性化という視点で、水木しげるロードを見ていきたいと思います。

かつて境港といえば「おいしい海の幸!」というイメージが全面だったのですが、近年は妖怪の街として人気を集めており、特にここ最近は「ゲゲゲの鬼太郎」がテレビアニメ化や映画化されたことによる妖怪ブーム到来で、山陰の観光から境港を外すことはできないとまで言われるようになりました。

 しかし、かつて境港にも全国各地の商店街が抱えているものと同じ悩みがありました。境港に人が集まる理由、活気のある理由を、実際に妖怪の街が具現化されている「水木しげるロード」を歩きながら考えてみたいと思います。

写真

民だけじゃない官だけでもない

「鬼太郎列車」や「ねこ娘列車」が運行されているJR境線、その終着駅である鬼太郎駅こと境港駅を降りると、そこは妖怪の街です。駅から東へ、全長800メートルに渡って続く商店街、「水木しげるロード」にその妖怪世界が繰り広げられています。

 駅を降りるとさっそく、水木しげる先生の仕事場を再現したブロンズ像や、郵政省(当時)が設置した、一反木綿に乗る鬼太郎の姿を乗せたポストなどが出迎えてくれます。そして交番も妖怪モード。鬼太郎交番には鬼太郎のパネルが。

 もちろんこの交番、本物です。境港警察署の境港駅前交番です。その外観だけで驚いてはいけません。30歳の女性巡査部長が「ねこ娘」の着ぐるみを着てパトロールに出ているというのですから、筋金入りです。

写真

なぜ鬼太郎なのか

 境港は漁業の町。かつては商店街も賑わっていたのですが、やはり全国の商店街がさらされている現状と同じように、大型店の進出や消費者ニーズの多様化により、昭和40年代をピークに次第に活気を失っていきました。

 商店街は活性化策を模索します。1989(H元)年から「緑と文化のまちづくり」をテーマとして、商店街に地元住民の足を向けさせるための方策について、境港市出身の著名人に対して提言を求めたのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET