mobile ver.

日本一の庭園で童画と出会う−足立美術館
(2008-09-22)

< ページ移動: 1 2 3 >

 松江の島根県立美術館のところで、懐かしい展示に出会うことができたというレポートを書きましたが、安来の足立美術館でも、幼い頃に見た懐かしい絵に出会うことができました。こちらも既に期間は終了してしまっていますが、この美術館所蔵の作品ですので、また見ることができる機会はあると思います。

 今回は、そんな庭園と懐かしい絵と出会った足立美術館のお話をします。

写真

日本が認めた日本一じゃない

 足立美術館へは相方の希望で行くことにしました。そのために、足立美術館のすぐ横にあるさぎの湯温泉に宿泊して、朝イチで美術館へと入場です。入場料は2,200円と高めですが、思わずうなってしまう風景が目の前に広がります。

 受付から入りますと、迎賓の庭、苔庭と続きます。この時点で庭園の美しさに言葉を失ってしまうのですが、なんとそれは全然序の口。日本庭園の面積は50,000坪。しかも日本全国にある755もの日本庭園のなかから、アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデン」が5年連続で日本一と認めたものなのです。

 すごいなぁ。何がすごいって、アメリカに日本庭園専門雑誌があるとは!

写真

なんと個人創設

 この美術館は、地元出身の実業家である故・足立全康さんが創設したもので、横山大観のコレクションで特に知られています。この日本庭園は、横山大観作の絵画をモチーフにして製作されたもので、「庭園もまた一幅の絵画である」という足立さんの残された言葉に全てが集約されています。

写真

 長崎平和公園の平和祈念像でも知られる、北村西望さんの「足立翁像」「将軍の孫」といったブロンズ像も眺める庭園は、建物内からまるで窓枠を額縁としてひとつの絵として、同じように窓枠で切り取った掛け軸「生の掛軸」として楽しめるようになっていて、まさしく立体絵画。絵を描くかのように滝なども造ってしまったそうです。

< ページ移動: 1 2 3 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET