mobile ver.

石像だって居眠りするし他ごともする!?
(2008-09-08)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

羅漢寺・五百羅漢

写真 島根県大田市大森町イ804
TEL:(0854)89-0005
休み:不定休
9:00〜17:00
拝観料:500円
ニャ 表情が豊かで一見楽しそうに見える石像たち、
しかしその姿は何を表現したものなのかを考えると...。
ニャ 重く分厚い木の扉を開けた先にある、
石窟のなかの別世界。ちゃんと元の世界に戻れるよね?

 石見銀山のふもとから歩き始めて800メートル、町並み地区はここまでです。食事の時間45分を入れて1時間半ですからまだまだ大したことはありません。いよいよ銀山地区に入ります。石見銀山はここからが本番です。と、その前に。銀山地区と町並み地区の境にある羅漢寺へと立ち寄ることにします。バス停「銀山公園前」のすぐ近くにあります。

 羅漢寺は、1764(明和元)年に創建されたお寺です。その時期からもわかりますとおり、石見銀山の隆盛とともに創建されています。銀山とどんな関わりがあるのか。それは由緒を聞けば納得です。羅漢寺は「五百羅漢坐像」を祀るため、代官所役人など多くの人の援助によって建てられたもので、その五百羅漢坐像は、銀山で亡くなった人々を供養するために発願されたもの。つまり、銀山あってこその羅漢寺なのです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET