mobile ver.

だいこくさまに縁を結んでもらうために...−出雲大社
(2008-08-13)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 前回は、59年ぶりに行われました、出雲大社の御本殿特別拝観について書きましたが、今回は出雲大社そのものについてレポートします。

 出雲大社といいますと、縁結びの神さまの印象がとても強く、実際に、出雲大社に奉納されている絵馬を見ますと、夫婦や恋人同士で末永く結ばれることを祈っているものや、とても切実かつリアリティーに満ちた出会いのお願いをしているものばかりです。

 出雲大社に祭られているのは大国主大神、つまりだいこくさま。だいこくさまというと、どちらかといえば五穀豊穣のイメージなのに、なぜ縁結びなのか。そして、この出雲大社で年に1度、全国の神さまが集まって決めることとは。

写真

出雲大社と神有月

 そもそも、七福神のだいこくさまと大国主大神とは、仏教と神道で別の存在だったのですが、神仏習合により神道の神として、大国主大神がだいこくさまとなっています。その大国主大神を祀る出雲大社は、縁結びを含んで「むすびの神」として有名です。それはなぜなのでしょう。

 大国主大神は、かなりのイケメンであったとされています。苦労して国づくりを行い、出雲の国を形成するのですが、いざ国が完成すると、高天原にいた天照大神らは、天照大神の子孫こそが国を統治するべきだとして、健御雷神を出雲に遣わし、大国主大神から出雲を譲らせます。

 その際に大国主大神は、出雲の国を譲る代わりに、高天原に届くような壮大な御殿を作って欲しいといい、その結果、高天原が建てたのがこの出雲大社と言われています。伝説では、古代の出雲大社は96.8メートルの高さを誇っていたとのこと。そして大国主大神は、それまでの国造りから変わって、人間の幽事(かくりごと)を司ることになるのです。幽事とは、人の縁や運命など目に見えないものをを指します。それにより、大国主大神は結びの神さまとなったわけです。

写真

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(4)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET