mobile ver.

街全体が工事現場
(2007-10-03)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 まずはドバイの現状を知るために、ドバイを車でぐるっと回ります。出発は早朝6時。この時間に出ないととんでもないことになると言います。なぜなら、ドバイのビジネスマンの出勤はほとんどが車。バス以外に公共交通機関は一切ありません。かつては高速道路は全て無料だったそうなのですが、渋滞緩和のために一部で有料になったとのこと。これはあくまでも交通量を抑制するための施策であり、政府は高速道路建設にお金は何ら困っていないとのこと。車しか移動手段がありませんから、急ぐ人は急ぎます。なので、ドバイにはかなりの数のオービスが配されています。このあたりの車社会ぶりは、名古屋と何となく似てる気がします。

写真写真

 そんなドバイにも初めての公共交通、ドバイ都市交通システム(ドバイメトロ)が現在建設されており、現場には大林組や三菱重工といった企業の名前が見られます。2005(H17)年8月から始められた工事は2009(H21)年まで続きます。また、道路を走っていると沿道にはレクサスや三菱自動車のディーラーも。ドバイの元気の恩恵は日本に、そして名古屋にももたらされているようです。ちなみにドバイには自動車メーカーは無く、こちらでの国産車というのは存在しません。ですから、全ての人がトヨタなどの輸入車に乗っていると言うわけです。

写真写真

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET