mobile ver.

カラ元気の街から本物の元気を見に行く
(2007-10-03)

< ページ移動: 1 2 >

 ドバイへは中部国際空港から直行便が就航しています。我が国からドバイへは他に関西国際空港からも便がありますが、成田国際空港からは便がありません。このことにより、名古屋っ子が東京を出し抜いたと勝手に優越感を持つ一つの要因となっており、名古屋っ子が調子に乗る事例の一つとなっています。

※廃止されました(笑)

写真写真

 空港は隣の市にあるにもかかわらず、市名に空港の愛称を使おうとして、結局合併が破局してしまったことでもおなじみの「セントレア」こと中部国際空港からドバイへは11時間。エミレーツ航空と日本航空のコードシェア運行となっています。ちなみに、エミレーツ航空は成田に乗り入れたいという気持ちは当然強く、成田が拡張された際には、エミレーツ航空は成田に就航し、セントレアからそそくさと引き上げる可能性があるので、名古屋っ子は今のうちにドバイ便を利用しておいた方が良いでしょう。

※その前に廃止されました(笑)

写真写真

 エミレーツ航空はドバイから世界67都市に就航しており、ドバイ国際空港は本物のハブ空港と言って良いでしょう。アジアのハブ空港を標榜しておきながら、国際線の撤退や減便が相次ぎ、さらにはやんわり断られている空気を読めずに、何度も新規就航をお願いしまくっているどこかの空港とは大違いです。

 そんな空港を出発して11時間、虚飾のハブ空港から本物のハブ空港へと到着です。到着したのは現地時間午前4時。本物はやはり24時間体制で、しかも5分刻みに飛行機が離発着をしています。飛行機を降りるとバスで移動です。その距離がすごい。着陸から入国審査のカウンターまで30分ほどかかりました。しかも、まだ拡張工事が行われており、さらには近くにもう一つ新しい空港を建設中です。こういうのを「元気」と言うのでしょう。

< ページ移動: 1 2 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET