mobile ver.

トボトボ帰り道...−バンクーバー国際空港
(2004-05-22)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

イラストフォト

バンクーバー国際空港

 なぜか日本にいる夢を見て、妙な錯覚を残したまま5月22日の朝を迎えました。いよいよ帰国です。早朝、ホテルにはスモークサーモンが届き、荷物を整理して空港へと出発です。空には雲が広がり小雨がパラパラしています。

 行きに乗ってきた98番のバス、B-LINEに乗り込みます。そして空港近くで424番のバスに乗り換え、見覚えのあるバンクーバー国際空港にバスは到着しました。エアカナダのカウンターで荷物を預け、残り数時間を待つことになりました。昼食を早めにとっておこうということで、空港内にあるフードコートにやってきました。「SHOGUN」というお店でうどんを買います。しかしこのうどんがどんな味だったか、今思い出そうとしても思い出せません。それくらいこの時の私は、残り少ない時間が少しずつ無くなっていくことが嫌で嫌でたまらなかったのです。覚えているのは、隣りに座っていた外国人家族にセリフをつけて遊んでいたことくらいです。大きなトランクを持っていて、目つきが鋭かったので、家族のフリをした運び屋という設定で勝手に想像して2人で言葉を当てて楽しんでいました。

 すると韓国人の人達に声をかけられました。相方は「あー。久しぶりー。」と言っているのですが私は誰なのかわかりません。相方に「ほら、ツアーで一緒だったじゃん」と言われ、はっと気付きました。ついこの間行ったロッキーツアーで一緒だった韓国人の人達でした。バンクーバーの名残惜しさに、私の思考回路はどうも止まっていたようです。そこにいたのは、ツアーで一緒だった3人組の男の子と、在日韓国人の女の子とその友達でした。どうも私たちと同じで、こちらに住んでいる人のところに訪ねてきた友達と一緒にあのツアーに参加したようで、友達が今日の便で韓国に帰るのだそうです。この人達は良い人でした。こうやって異国の地で異国の人と顔見知りになれるというのはいいですね。二度と会うことはないかもしれませんが...。相方はこの後も、ツアーで一緒だった他の韓国人と街でよくすれ違ったそうです。ただその韓国人男性は、ツアーに連れてきていた女の子では無い人と一緒にいたので、声は掛けなかったそうです...。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET