mobile ver.

英語で映画を見てみよう−シネプレックス・オデオン
(2004-05-20)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

イラストフォト

シネプレックス・オデオン映画館

 ハーバーセンターを後にして映画館へと向かいます。その間に、相方は同居人に電話をかけます。今日は相方のルームメートと一緒に3人でご飯を食べる約束をしていたからです。しかし、彼女はこの日アルバイトの面接と、仕事の体験に行っているために連絡がなかなか取れません。仕方が無いのでそのまま映画館に入ります。

 やってきたのはシネプレックス・オデオン映画館(Cineplex Odeon Cinemas)。いわゆるシネコンで、いくつも映画が上映されています。こちらは日本に比べて映画の料金も安く、気軽に見ることができます。この日は相方の薦めで、ベン・ステイラー(Ben Stiller)、ジャック・ブラック(Jack Black) の「ENVY」という映画を見ることにしました。ENVYとは「ねたみ」「うらやみ」という意味です。

「英語が分かるかどうか不安だなぁ。」

 と相方に言うと、

「大丈夫、大丈夫。大体わかるよ。それにこれは、あなたが好きそうなストーリーだから。」

 と言うので気を楽にして見ることにします。やっぱりセリフは理解できないのですが、ストーリーは何となく理解できました。主演の二人はメーカー「3M」の工場に勤務する普通のサラリーマン。家も隣同士で出勤もいつも同じ車、大親友です。ジャック・ブラック演じるニックは、いつも趣味で何かを発明するのが大好き。ある日ニックは、ペットの糞を一瞬にして消してしまうスプレーを開発します。ベン・ステイラーが演じるティムは夜中に起こされ、そのスプレーを見せられるのですが、馬鹿馬鹿しいとその場を去ります。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET