mobile ver.

大きな吊橋は怖いと言うよりも...−キャピラノ吊橋公園1
(2004-05-20)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

イラストフォト

キャピラノ吊橋公園

 降りたバス停は、キャピラノ吊橋の目の前でした。ダウンタウンでは街中にバス用の電線が張り巡らされ、バスはそこから電気の供給を受けながら走っていて、線路の無い路面電車の様な感じです。しかしノースバンクーバーには電線は無く、ノース行きのバスは日本と同じようにガソリンで走る普通のバスでした。そのため街に電線が無くごちゃごちゃしておらず、ダウンタウンとは雰囲気が違い、いかにも郊外という感じがしました。ではキャピラノ吊橋 (Capilano Suspension Bridge)のある渓谷に入ることにします。

 入口を見るとチケットの料金案内があります。ガイドブックには$16.95(約1350円)とあったのですが全然違います。大人$21.95(約 1750円)、学生$16.50(約1320円)、13〜16才$10.95(約880円)、小学生$5.5(約440円)...。すごい値上げだなーと思っていると、相方は以前通っていた語学学校の学生証を受付に見せ、何やら話しています。

「よくわからないけど、安くなった。」

 相方はそう言ってチケットを見せてくれました。学生扱いとなった相方はなぜか$9、そして私も$16.95となりました。しかしこれはどう考えてもおかしい。そんな料金設定は無いはずなのです。相方も首を傾げています。相方は知らず知らずのうちに値切り上手になったのでしょうか。いや、その前にこういった観光施設の入場料金と言うのは値切れるものなのでしょうか...。とりあえずかなり得をしたので余計なことは考えるのをやめておきます。「すいません、間違ってました。」と受付の人に言われる前にそそくさと入場ゲートを通過します。

 キャピラノ吊橋は1889年、スコットランド人開拓者のジョージ・グラント・マッケイによって作られたのが最初でした。このキャピラノ渓谷の景色に感動したマッケイは、妻とこの地に住むことを決め、地元のインディアンと協力して吊橋を架けたのです。吊橋は口コミで有名になり、その姿を一目見ようとたくさんの人が訪れるようになりました。その後、吊橋はワイヤー製に架け替えられ、橋の両端にコンクリートの土台が設けられました。現在の吊橋の姿になったのは1956年。安全性を高めるために両端のコンクリート土台は13トンのものになり、橋の全長は137メートル、高さは70メートルと、吊橋としては現在も世界有数の規模を誇ります。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET