mobile ver.

CMのあと驚きの展開が!?−北の家Guu
(2004-05-19)

< ページ移動: 1 2 3 >

イラストフォト

北の家Guu with Garlic

 相方がしばらく日本食を食べていないということで、今夜は日本食を食べにいくことにしました。スタンレー・パークからダウンタウン方向へと戻り、最初の高層ビル街の真ん中にあるビッドウェル通り(Bidwell St.)を南西に歩き、ロブソン通りとぶつかるところの角に、「北の家Guu with Garlic」があります。ここは2001年の秋にオープンした和風居酒屋で、サーロー通りにある北の家Guuの分店です。その名のとおりガーリックを使ったメニューが豊富です。

 前日、ベトナム料理を食べた帰りに見かけたときはものすごい行列ができていたのですが、この日は午後7時台だったこともあってか少し待っただけで入ることができました。驚いたのはその威勢の良さ。日本の居酒屋どころではありません。もはや何を言っているのかわからないほどの熱気です。ひとつ注文するたびにまるで絶叫です。名古屋ではこれほど威勢のいい居酒屋に遭遇したことはありませんが、東京の居酒屋にはこういう威勢のいいところがあるのかな。それとも、お客さんは日本人に限らずカナディアンもたくさんいたので、わざと日本の居酒屋らしさを出すための演出なのかな、と考えるながら案内されたカウンターに座ると、今度は調理スタッフの威勢もビンビン伝わってきます。

 注文したのは、たこわさび、軟骨の唐揚げ、おでん、梅と青じその焼うどん、鯛のにんにくワサビカルパッチョなどなど。やはりガーリックがとても効いているのですが、これが本当に日本と変わらぬ味付けで、私よりも相方が感動していました。相方は節約生活をしているのでなかなか外食はできないとのこと。しかも久々の和食ということもあってかかなりの勢いで食べていました。スタンレーパークのウォーキングはこれでチャラです。

 そして食事を終え夜9時頃に店を出ました。やはりまだ空は明るいです。そう言えば、相方はすっかり足の痛みが無くなった様子。ウォーキングをしていたくらいですからね。これでもう安心です。セブンイレブンでジュースを買って帰ります。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET