mobile ver.

せっかく頑張ったのに...その2−スタンレーパーク
(2004-05-19)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

イラストフォト

スタンレーパークへ

 食べたら運動をしなくてはダメだ。ということで、相方とウォーキングをすることになりました。ダウンタウンの南側にあるグランビル・アイランドから、ダウンタウンの北にあるスタンレーパークへとバスに乗ります。スタンレーパークはダウンタウンの北西にある公園で広さは400ヘクタール、外周は10キロの深い森に覆われた公園です。相方はよくそこでウォーキングをするとのこと。10キロ歩くといい運動になるよ、と言います。私も歩くのは嫌いではないので大丈夫です。

 スタンレーパークの少し手前にある高層ビル街でバスを降ります。このあたりは本当に綺麗なビルが多い。これらのマンションはやはり家賃もそれなりだと言います。海に面していますから、景色も抜群でしょうね。そして、それら高層ビルを見渡すスタンレーパークからの景色も絶景です。するとベンチに誰かが座っている気配がします。はっと振り返ると、そこにはブロンズ像が座っていました。ベンチに像が座っている。これって...どこで見たことがある光景です。そうです名古屋の中心地・栄と同じです。しかし、栄は数え切れないほどあるベンチのひとつに銅像が座っているのですが、ここはふたつしかないベンチのひとつが像で埋まっています。実用性はともかくとして、外国はこういうことをしても似合うから不思議。逆に名古屋は似合わないから不思議。

 スタンレーパークに到着すると、ジョギングやウォーキングをしている人でいっぱい。今まで街中で見てきた人達と違い、引き締まったボディのカナディアンばかりです。やはりこちらの食事は油分やカロリーが高いですから、自ら管理をしないと均整のとれた肉体は維持できないようです。敷地内には芝生広場やテニスコートにミニゴルフ場、水族館や動物園といろいろな施設があります。この日は学生達がアメフトをやっていて歓声がこだましています。不思議とこの公園にはカナディアンばかりで、日本人や韓国人がウォーキングをしている姿は見かけませんでした。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET