mobile ver.

日本人の男の子がモテモテの場所とは?−デイビー通り
(2004-05-19)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

イラストフォト

ジョー・フォルテス

 時刻はお昼前になっていたので、ランチを食べにいきます。そう言えばカナディアンスタイルの食事はいまだ朝食しか食べていないということで、一般的なカナダのレストランに行くことにしました。ロブソン通りから、サーロー通り(Thurlow St.)を北東に少し入った左側にあるジョー・フォルテス(Joe Fortes)というレストランです。ここは平日の11時半から午後3時までランチメニューがあり、曜日ごとに違うメニューが比較的安く食べられるお店です。

 ランチは9.75カナダドル。800円弱です。名古屋の街中と変わりませんが、チップが必要なので若干高めです。それでも安いほうだと言いますから、やはりバンクーバーは物価が高いですね。この日は水曜日だったので、牛肉のショートリブの炒め蒸し煮プレートというメニューでした。月曜はシーフードジャンバラヤ、火曜はフィッシュスープ、木曜はシーフードポットパイ、金曜はサーモン料理です。よりによって唯一の牛肉料理の日に来てしまいました。もちろん、相方は何のためらいも無くお店に入ります。

 すると店内は人でいっぱい。大人気のお店のようです。聞くと、通常メニューはもっと高く、このランチは安いのでお昼はいつもこんな感じだとのこと。なかには平日の昼間っからお酒を飲んでいる人もいます。しかもビジネスマン風です。昔は日本でも仕事中の昼食に一杯、なんてことがありましたけどこちらでは今でも健在なのですね。それで午後の仕事に支障が出なければ問題ないのでしょう。私の場合は絶対に無理ですね。お酒を少しでも飲んだらヘロヘロですから...。

 席はカウンターしか空いておらずそこに座ります。すると相方は誰かを見つけ声をかけようとしています。

「誰か知ってる人でもいるの?」

 と聞くと、どうやら店員のなかに友達がいる様子。しかし辺りを見回しても、日本人らしき店員さんはいません。すると相方は、カナダ人の店員に英語で声をかけました。

「久しぶりー、元気?」

「OH!」

 その店員さんは、そう言って同じように相方に話し掛けてきました。2、3語会話すると、

「忙しいからまた今度ね。ゴメンネ。」

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET