mobile ver.

免許があると言っても...−留学生センター
(2004-05-19)

< ページ移動: 1 2 3 >

イラストフォト

留学生センター

 カナダにやってきて6日目の朝を迎えました。今日から3日間はバンクーバー市内の散策をします。相方に案内してもらうので、ツアーとは違いもう英語を耳にすることはほとんどありません。特に仕事をするわけでなく、バンクーバーに旅行でしばらくいるだけだったら英会話力はほとんど必要無く、若干の単語を知っているだけで不自由は無いと相方は言います。だからこそ、こちらでしばらく暮らすと言っても英会話学校などに積極的に通うなど、英語に接していこうという意志がなければ日本にいるのと同じように時間が過ぎていってしまうのだそうです。

 まずは、いわゆる留学生センターというところに向かいます。相方のノートパソコンの調子が悪くそれを見るためです。相方のノートパソコンは、相方の父親の友人の手作りです。ですのではっきり言ってよくわかりません。しかも相方はなぜかオーディオデバイスのドライバを消してしまい音が出なくなってしまい、さらにはバックアップ用のCDをカナダに持ってきておらずどうしようも無いと言います。それを何とかするために留学生センターに向かったのですが...。

 留学生センターとは、留学生向けに様々な情報を提供したり、英会話スクールなどを開いているところで誰でも利用することができます。もちろんお金がかかる事柄もありますが、インターネットの利用は無料です。そこは主にアジア人が利用するところで、数台のパソコンの前には中国人や韓国人の学生が座っていました。パソコンは備え付けのものだけではなく、LANケーブルを借り自分のノートパソコンをインターネットに接続することもできます。LANケーブルを借りるときには、代わりに身分証明書を係員に預けることが利用条件になっています。

 大抵はパスポートを預けることになりますが、相方は国際運転免許証を交付してもらっているのでそれを手渡します。やはりパスポートはとても大切なものなので、むやみに持って外出はしたくないと相方は言います。国際運転免許は、日本で運転免許を持っている人ならすぐに日本の運転免許試験場などで発行してもらえます。有効期間は1年です。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET