mobile ver.

冗談じゃなかったスイートルーム−フォーポイント・シェラトン
(2004-05-16)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

イラストフォト

フォーポイント・シェラトン・カルガリーへ

 私たちなりにプルコギを調理していると、横の韓国人が業を煮やしたように箸を出してきました。どうやら、私たちのやり方が気に入らないようです。

「こうしなきゃ、ダメだよ。」

 と言って、いろいろとやってくれます。プルコギにも作法があるのですね。私たちはそれでもお腹が空いていたので、プルコギをたいらげました。もう本当に唐辛子でお腹いっぱいです。プルコギを食べ終え、奥の個室から外に出る間には、日本料理を食べている人達がいました。ちょっとうらやましかったな...。

 相方の足は痛みが増している様子。ゆっくりとバスに乗ります。その和食屋さんの横は、FOR ADULTS ONLY VIDEOというお店がありました。店名がストレートで明快です。ちなみに、相方に教えてもらったのですが、こちらでは「XXX」という文字が成人向けのお店である印だそうです。ビデオショップだけでなく、映画館やおもちゃ屋さんにも「XXX」という文字が付いていれば成人向けということです。わかりやすいですね。ん?おもちゃ屋さん?あぁ、なるほどね。でも、何でそんなこと知ってるんだ?まぁいいか。

 そしてそのレストランから、走ってきた高速道路の少し先にホテルはありました。フォーポイント・シェラトン・カルガリー(Four Point's Sheraton Calgary)です。ここはいかにもホテルという建物で昨日とは大違いです。ホテルの目の前には、1988年に開催されたカルガリー冬季オリンピックのスキージャンプ会場があります。高速道路の遠く先には高層ビル街が見えます。どうやらここはカルガリーの東端のようです。ホテルのロビーは改装中で、材木が転がっています。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET