mobile ver.

野生動物の魅力とは何か−ロブソン山州立公園
(2004-05-16)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

イラストフォト

ロブソン山州立公園

 カナダ旅行3日目、ロッキーツアー2日目の朝は、6時に起床です。外を見ると霧が出ていてロッキーの山並みが全く見えません。昨日はあんなに天気が良かったのに...。しかし、この心配は必要ありませんでした。陽が昇るにつれて次第に霧は薄くなり、再び雪に覆われた山脈が姿を現しました。

 朝食は昨日の夕食と同じスパークレストランです。カナディアンスタイルということで、プレートにはトーストとソーセージ、ポテト、そしてスクランブルエッグが乗っています。そして、例のごとくデカいマグカップにコーヒーが注がれます。スクランブルエッグには味がついていないので、塩コショウを降りますが少し味気ない感じがしました。カナダの料理というのは意外と薄味なのでしょうか。さすがにこの時は、キムチは出ませんでした。

 朝8時、いよいよカナディアンロッキーに出発です。周りを見ると、服装はジャンパーにマフラー。ガイドさんも今日は長袖です。私達もできるだけ重ね着をしましたが、薄手の上着しか持ってきていなかったのでいささか不安ではありました。しかし、日本人を見ると、私達と同じような格好の人もいるので多分大丈夫だなと少し安心。ベルマウントまで走ってきた高速道路5号線を北に走ります。しばらくするとこの5号線は終点となり、東西に16号線が走ります。このジャンクションを東に走ります。次第に山並みが大きくなってきます。

 ホテルを出てわずか10分。ロブソン山州立公園(Mt.Robson Provincial Park)に到着です。ロブソン山は3,954mで、ロッキー山脈の最高峰です。もちろんブリティッシュ・コロンビア州の最高峰でもあります。バンクーバーにあるロブソン通りはこの山から名を取っているのだろうか...日本で言うところの富士見通りといった感じなのでしょう。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET