mobile ver.

ホントは無口じゃないのに−メリットガーデンレストラン
(2004-05-15)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

イラストフォト

ガーデンレストラン(メリットインターチェンジ)

 11時50分。バスはメリット(Merritt)という街の入口にあるインターチェンジを降りると、レストランの駐車場に停車しました。街の入口と言っても街は遠く、その影は全く見えません。

「今日のランチはビビンパでーす。」

 ガイドさんのテンションは相変わらず高い。今までイマイチ盛り上がりに欠けていた他の参加者も、この時だけは良い反応をしていました。ビビンパ...。私達は昨晩食べたばかりのメニューです。韓国料理は好きな方ですが、さすがに続くとちょっとキツいですね。しかし、そんなことを言っていても仕方がありません。

 ガーデンレストラン(Garden Restrant)という名のそのレストランには、「TERIYAKI」「DONBURI」の文字があります。どうやら、韓国料理も扱っている和食屋さんのようです。店内にはキリンビールのポスターや、「福」という文字の書かれた提灯がディスプレイされています。運ばれてきたのは、全く味の付いていないビビンパ。金属のボウルに入れられています。石焼を想像していたので少し驚きました。そして、ケチャップの容器のようなものが置かれました。豆板醤でしょうか。どうやらこれで好みの味に調整しろということのようです。さすが和食屋さん。日本人への配慮が行き届いています。

 他にも、キムチ各種がテーブルに置かれました。そしてご飯と味噌汁。味噌汁はもちろん白味噌でしたが嬉しかったですね。具は全く入っていませんでしたけれども。しかし、ここで相方と顔を見合わせ「ん?」と首を傾げてしまいました。相方も同じ疑問を持ったようです。ビビンバには、もちろんご飯が入っています。にもかかわらず白ご飯が別途用意されているのです。日本的に考えれば、炊き込みご飯をおかずに白米を食べる感覚です。韓国ではこれは当たり前なのでしょうか。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET