mobile ver.

とにかく走って、走って、走りまくる−Trans-Canada Highway
(2004-05-15)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

イラストフォト

ブライダルベール滝

 このガソリンスタンドは「Bridal Veil Falls Provincial Park」の一角でした。ブライダルベール滝を中心とした自然公園です。ブライダルベール滝という名前の滝は、カナダ国内にいくつもあります。それは滝の姿がウェディングドレスのベールに似ているからそう名付けられたのだそうです。ここにあるのもその一つです。

 ガソリンスタンドから公園の駐車場までは、話のとおり5分ほどで到着しました。この公園は32ヘクタールの面積があり、滝の環境を保護することと、レクリエーションを提供する目的で1965年に設立されました。駐車場から滝までは300mほどの散歩道です。それ程起伏は無く木々の中を歩いていきます。次第に水の音が近づいてきます。

 すると、深い緑色をした新緑の木の合間に滝が見えてきました。滝の姿は上部が細く、下部が広がっていてまさしくウエディングドレスのベールのようでした。滝壷からは斜面に水が流れていて、その水の透明さといったら驚くほどでした。滝の轟音に比べ、その清流は森の中を静かに流れていました。この滝も相当大きいのですが、それでもカナディアンロッキーの大自然にある滝と比べれば、比較にならないほど規模は小さいと言います。このブライダルベール滝でも結構驚くべき大きさでしたから、それよりも大きな規模の滝がこれから続々登場するとなればこれは楽しみです。

 さて、カナディアンロッキーと言えば氷原などで有名ですから、やはり暖かい服装でなければなりません。それでも季節は夏に近づいているということもあり、私達は長袖の洋服は持ってきたものの、それほど分厚いものは持って着ませんでした。周りを見てもそれほど厚着をしていないので大丈夫だろう、とこの時は思っていました。しかしそれはこの後すぐに不安へと変わります。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET