mobile ver.

英語力以前の問題じゃん−ギャスタウン
(2004-05-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

イラストフォト

バークレーホテル ティム・ホートン ギャスタウン

 スーツケースから小さめの旅行カバンに荷物を詰め替え、相方の家を出ます。予約してあるホテルはロブソン通り(Robson St.)にあるバークレーホテルです。決して高級とは言えない比較的料金の安いホテルです。こちらではホテルにシングルルームは無く、最低でもダブルベッドになります。一人の場合はそのダブルベッドに広々泊まることになります。もちろん二人でもそのダブルベッドの部屋に泊まることになるのですが、一人ならいいのでしょうけど、二人だと部屋もベッドもちょっと狭い感じがしました。

 窓の外には鳩が巣を作っているらしく、「クルックー、クルックー」という声が途絶えません。しかも窓に鍵が無い。これはバンクーバーの治安が良いことを表わしているのかな...という気もしますが、窓にはベランダも無いことから泥棒も壁を登ることはできないだろうという判断なのかも知れません。ちょっと不安でした。

 ホテルに荷物を置き、バンクーバーの街観光へと出かけます。時刻は午後2時を回ったところでした。相方が「お腹がすいた」と言います。私は機内食をしっかり2食食べたばかりなのでそんなにお腹が減っていません。しかしコーヒーが飲みたかったので、カナダのコーヒーチェーン「ティム・ホートン(Tim Houtons)」でビスケットを食べます。そして両替店で日本円をカナダドルに両替します。ここまで、全て相方が英語でペラペラと店員とやりとりをしています。ああ、すっかり先を越されてしまったな...。私は肩を落としました。やはり英語を覚えるには住むのが一番のようです。

 まずはギャスタウン(Gastown)へと向かいます。バラード通り(Burrard St.)からヘイステング通り(Hastings St.)に入り、ハーバーセンターの手前を左に曲がり、コルドバ通り(Cordova St.)からウォーター通り(Water St.)に入ります。このギャスタウンはバンクーバー発祥の地です。道路は石畳になっていて、建物はレンガ造りのいかにも外国という古い街並みが作られています。「作られている」と言うのは、見た目は19世紀の雰囲気なのですが当時からずっと栄えているわけではなく、寂れた時期もあり現在のギャスタウンは 1970年代後半以降市の観光局によって再開発された姿だからです。そんなギャスタウンの再開発の目玉であり、現在では最も有名な観光名所となっているのがスチームクロックです。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET