mobile ver.

同居だからってそれはあり得ない−バンクーバーダウンタウン
(2004-05-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

イラストフォト

B-LINEでバンクーバー市街へ

 大きなスーツケースを持ち空港を出てバスに乗ります。そしてすぐにそのバスを降り、エアポートターミナルでB-LINEという2台分のバスが繋げられた大きなバスに乗ります。座席は空いていなかったので立ったままスーツケースを押さえます。ちなみに2台のバスの接続部は蛇腹になっていてそこに座ると気持ち悪くなるそうです。日本でも千葉などでこういったバスが走っていますが運転手さんは大変そうです。後ろの車両はすごくお尻を振られますものね。

 すると、私と同じように大きなスーツケースを持った女性が話し掛けてきました。

「駅に行くにはこのバスでいいのですか?」

 女性はかなり戸惑った様子でした。すると相方は、

「いいですよ。もしあれなら降りるところで教えましょうか?」

 と余裕の表情。半年も住んでいるのですから知っていて当たり前なのですけどね。バンクーバーのバスは全てトランスリンク社が運営していて共通料金です。バンクーバーがゾーン分けされていて、1ゾーン内なら2ドル、2ゾーンにまたがる場合は3ドル、3ゾーンに渡る場合は4ドルという料金体系です。ちなみにその支払った料金区間内であれば90分間乗り換え放題となります。

 グランビルブリッジ(Granville Bridge)に差し掛かるとバンクーバーの街並みが見えてきました。相方からは「バンクーバーなんて刺激の無い田舎だよ。」と言われていたので、その高層ビル群に圧倒されてしまいました。どこが田舎なんだろう。名古屋なんかよりもよっぽど都会に見えます。

 ところが、それらのビルはほとんどがアパート。実はこのバンクーバー、留学やワーキングホリデーの人達で成り立っているという部分が大きいのだそうです。そのため街はアパートだらけで、立派で綺麗なアパートを留学生同士がシェアして住んでいることが多いとのこと。ですから高層ビル群といってもオフィス街は少なくアパートばかりでした。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET