mobile ver.

ドキドキ破たん航空−エアカナダ
(2004-05-14)

< ページ移動: 1 2 3 >

イラストフォト

名古屋空港

 約4年ぶりに私は名古屋空港国際線ターミナルにやってきました。私の相方が現在暮らすカナダ・バンクーバーに向かうためです。先方の宿泊先や旅行の手配は相方にしてもらったので、こちらでは航空券を買い旅立つのみです。とは言え一人で飛行機に乗るのは初めて、しかも平日ということもあってか空港は人もまばらで、誰かについていけばいいというわけでもありません。大丈夫かな、と不安になりつつ同じ飛行機に乗りそうな雰囲気の人を探します。

 名古屋を午後5時5分に発つバンクーバー直行便、エアカナダAC010便に乗る予定です。エアカナダは2003(H15)年に一度破たんしていて現在は再建中です。相方からは「破たんしたエアカナダは人が少ないから、離陸までに搭乗手続きが終わらなかったりすることがあるらしいよ。」と脅されていましたが、この便はANAとの共同運航便なので大丈夫なはずだと自分に言い聞かせます。

 海外に行くといつもお米や醤油の味が恋しくなるので、この日は食べ納めというつもりで「かっぱ寿司」で昼食をとり、地下鉄藤ヶ丘駅から空港バスで空港にやってきました。この国際線ターミナルは1999(H11)年に新築されたもので現在もピカピカです。しかし、2005(H17)年には常滑沖に中部新国際空港(セントレア)が開港することになっていて、開港後ここは県営の飛行場になってしまい今ほど利用されることはなくなってしまうはずなので勿体無い気もします。そして空港には「フライナゴヤキャンペーン」というポスターが貼られていました。「旅立ちは名古屋空港から、あなたの地元空港利用で航空路線の充実を...。」今さら...という感じで哀愁が漂います。そこには金鯱が飛行機になっているイラストが...やはり名古屋っ子の心の拠り所はお城・金鯱です。そして空港内のフードコートには「新しき旅」というスーツケースを持った女性の銅像がありました。名古屋の公園にはあちこちに銅像がありますが、こんなところにまであるとは名古屋は本当に銅像が大好きな街です。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET