mobile ver.

カナダで暮らす相方に会いに−プロローグ
(2004-05-14)

< ページ移動: 1 2 3 >

イラストフォト

出発前

「カナダへ行こう。」

 そう思ったのは、大自然の景色に惹かれただとか、街歩きをしたいだとか、サーモンが食べたいといった理由からではありません。そこには私の相方が住んでいるからです。相方は、2003(H15)年の10月から1年3ヶ月の予定でカナダとアメリカに滞在しています。現在はカナダにワーキングホリデービザで滞在しています。英語圏で暮らしてみたい、それが相方の思いでした。

 せっかく相方が海外で暮らしているのだから、その間に一度訪問してみたい。そういうわけで今回カナダへと旅行することにしました。相方が暮らしているバンクーバー観光と、バンクーバーからカルガリーまでカナディアンロッキーを横断するバスツアーに参加します。

 相方はバンクーバーに住んで7ヶ月。うち3ヶ月はホームスティをしていて、ずっと語学学校に通い続けています。日本を旅立つ前は、どんぐりの背比べではあったものの一応私の方が英語については知識がありました。ですので、負けてはなるものかと日本で英語の勉強をしていました。しかし「相方がどの程度英語の力をつけているか楽しみ」などと悠長なことを言っていられたのは最初だけでした。やはり暮らしている人は違う...。

 初日はカナダ第3の都市でカナダ西部最大の都市であるバンクーバーにて、街の発祥の地であり19世紀の古い街並みが再現されているギャスタウンや、北米でサンフランシスコに次いで第2位の規模を誇るチャイナタウンを見学します。そして2日目からはロッキーの旅です。相方が現地ツアーを申し込んでくれたのですが、安いものを選んだためになんとガイドは韓国語と英語のみ。私にガイドを理解することができるのか...。

 バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州とアルバータ州にまたがるカナディアンロッキー。ロッキーツアーは北のジャスパー国立公園から南のカルガリーへと縦断し、そのほとんどを駆け足で回るというハードなものです。日本では絶対にあり得ない山並みを見たり、氷河が作り出す不思議な湖にも訪れます。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET