mobile ver.

広島っ子の路面電車への思い−路面電車
(2003-08-28)

< ページ移動: 1 2 3 >

 広島市内で、私は生まれて初めて路面電車に乗りました。名古屋近郊でも岐阜市や豊橋市で走っていますが、今まで私は乗る機会が無かったのです。それで乗った感想なのですが、やはり信号が頻繁にあって、幾度となくブレーキ、発進を繰返すので、混んだ車内で立っている状態だと少々辛いですね。どちらかと言うとバスに近い感じもするのですが、バスよりもブレーキが急な気がしました。システムはバスと一緒なのですが、やはり最初はイマイチ勝手がわからなくて、ちょっとドキドキしてしまいました。

 広島はなぜ路面電車が残っているのでしょうか。相方に「どうして広島は路面電車が残っているんだろうね。道路も混むし、地下鉄にしちゃえばいいのに。」と言ってみたところ、「平和資料館で何を見てきたの、原爆の数日後にはもう走りだして、広島の人たちの復興とともに歩んできた路面電車を、地下に埋めろと...、それは無いでしょ。」確かにそうかも知れませんね。広島にとっての路面電車は、ただの風情溢れる観光用乗り物というものではありませんでした。実際に市民の足として、広島の人たちの生活風景の中に、当たり前の存在として、戦争の前も、復興の時代も、そしてこれからもこの街に溶け込んだ存在として残っていくのでしょうね。しかも、今でも戦争当時の車輌も残っていると言いますから驚きです。近々その車輌は廃止されるようですが、やはりこの広島で感じたのは、戦争は遠い昔のことではなく、今と繋がっているということですね。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET