mobile ver.

槍を下げないのなら...実力行使だ!−岩国城
(2003-08-27)

< ページ移動: 1 2 3 >

 あまり待たせてもいけないので、佐々木小次郎像のある吉香公園へと向かいました。小次郎と言えば、持ち上げることも困難と言われた長刀「物干し竿」。この小次郎像、駐車場のなかにありまして、排気ガスが少々煙たそうでした。いやー、やっぱり小次郎はカッコイイ。細身で若いし、ビジュアル的には絶対勝ちなんだけどなー。などと思いつつ、像とは別の場所、錦帯橋のたもとにある「槍倒しの松」の横にある「巌流ゆかりの柳」へと向かいました。

写真
▲美剣士小次郎。長刀「物干し竿」は持ち上げるのも困難な重さとか。

 この槍倒しの松は小次郎とは関係ないのですが、面白いエピソードがあるのでご紹介しましょう。昔、諸国の大名が他藩を通るとき、槍を倒して敬意を表わすという慣わしがあったのですが、岩国は小国であり支藩とみなされていたことから皆、槍を倒さずに通っていました。それを悔しく思った岩国城主は横に伸びた松をわざわざ植えて、槍を倒さないと通れない様にしたというものです。根本的なものは変わらなかったでしょうけど、この松のお陰で、多少は岩国城主も溜飲が下がったでしょうね。

 そしてその松の横に、巌流ゆかりの柳があります。この柳とツバメを相手にひとりで修行して編み出したのが剣法、「天下無双のつばめ返し」だそうです。ただ、小次郎伝説は福井県今立町にもありまして、つばめ返しを生み出したのは今立町の一乗滝であるという説もあり、そこには小次郎公園もあります。小次郎については史料が残っていないため、生誕地についても諸説あるようです。ただ、吉川英治作の小説「宮本武蔵」に「毎日、練磨を怠らずに、錦帯橋の畔へ出て、燕を斬り、柳を斬り、独りで工夫をやっていました。」とあるので、岩国というのが通説になっています。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET