mobile ver.

ヒ ロ シ マ −平和記念公園
(2003-08-22)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 名古屋から運転すること8時間。午後2時半、予約しておいた広島駅近くのホテルに到着しました。私は高校時代に修学旅行で一度広島に訪れたことがあるので、約10年ぶりの広島訪問となりました。そして相方にとっては初めての広島です。

 初めて広島の地に立った相方が、「どうしても最初に行かなければならない場所がある。」と言いました。私もそうするべきだと思い、自分自身も再度、見ておかなければならないと思ったので、荷物を置くや否や、バスに乗り、平和記念公園へと向かいました。

「広島。」

 この街の名を聞いて、連想するものはたくさんあります。しかし、まず思い浮かぶのは、今から58年前、1945(S20)8月6日、世界で初めて原子爆弾が落とされた街であるということです。

 渋滞する街なかをバスに揺られ、平和記念公園に到着しました。この日は、ちょうど58年前に日本が敗戦した8月15日と言うこともあってか、たくさんの人の姿を見ることができました。それとも、特別な日だからというわけではなく、普段から多くの人が訪れているのかも知れません。

写真
▲平和記念公園にある、広島平和記念資料館。入館50円。

 平和記念公園の広島平和記念資料館に入ると、「市民が描いたあの日の記憶−路面電車が語るヒロシマ」と題し、地下にて、広島市民の方が当時を思い出しながら描いた、戦前、戦中そして原爆投下後の様子の絵が展示されていました。路面電車、活気あふれる市場、生きていた街が、一瞬にして地獄へと変わり、それを目の当たりにしても、何もすることができないもどかしさ、そしてやり場のない怒りと悲しみ...。描かれた方々は、これらの絵を描くために、当時を思い出すだけでも相当つらかったのではないのでしょうか。絵からは様々なものが伝わってきて、それを感じたつもりなのですが、今の私たちが想像する原爆投下直後の広島と、当時の本当の広島とでは、大きくかけ離れているのではないか、という気もしました。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET