mobile ver.

夏でも涼しい...気がした−東尋坊・雄島
(2002-08-10)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >

 東尋坊と聞いて、何を連想しますか...。

 東尋坊を、ただ観光スポットとして紹介するならば、白山火山脈の一端が、日本海に露出した断崖絶壁であり、約2キロに渡り、さまざまな形の奇岩が続く、勇壮な景観地...。そんなところでしょうか。

 写真をご覧いただければわかると思いますが、確かに景色は勇壮。岩の高さはなんと35メートルにもおよび、観光遊覧船に乗り、海上から見上げれば、それはそれはすごい景観。

写真
▲写真で見るよりも実際は高低差があります。

 しかし、そんな観光スポットとしてよりも、東尋坊と聞いて、「自殺」を連想されるかたが多いのではないでしょうか。私もそのようなイメージを抱いていたのですが、それはもう過去のことかと思っていました。しかし、現地の方に聞いた話によりますと、現在でも自殺は絶えないそうです。

 素晴らしい景色を見ても、そういったことを思い出してしまい、素直に「綺麗な景色だなぁ」という感情にはなれませんでした。断崖絶壁から下を覗き込むと、ごつごつした剥き出しの岩と、深さはほとんどなく、透き通った海面からは、底の岩がはっきりと見えました。そして、足元は岩場と草で滑りやすく、思わず言葉を失ってしまいました。ここから落ちたら...。

写真
▲確かにここから落ちたら、助かりようがないですね...。

 訪れたのは8月でしたので、たくさんの観光客が訪れており、岩場を一歩離れれば、いかにも「観光地」という雰囲気で、海の幸を焼いているお店や、定食などを食べさせてくれそうなお店が並んでいました。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 6 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET