mobile ver.

名古屋っ子が歴史の中心だったと実感−兼六園・金沢城
(2002-08-11)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 金沢では料亭旅館に宿泊しました。と、なれば一番のお楽しみは食事です。その宿の食事ですが実に豪華でした。さすが料亭旅館です。金沢の郷土料理である「治部煮」を中心として、アレンジされた加賀懐石。しかも部屋食でしたのでかなりゆっくりと食べることができました。しかし、相変わらず食べるのが遅い私達。女中さんは何度も食べ終わったかどうか確認に来られましたが、一向に食べ終わらない私達。すみませんね、後片付けを遅らせてしまって...。それくらいボリュームもあるということです。

 一夜明け、金沢市内に繰り出すことにしました。やはり金沢と言って真っ先に思い浮かべるものと言えば「兼六園」です。早速向かうことにします。金沢市内の主な交通機関はバスです。いくつもの路線の周遊バスを北陸鉄道が走らせており、1回200円で乗車することができます。また、1日フリー乗車券も500 円とお得なのでこれを利用することにしました。ところが、これは周遊バスのみで通常の路線区間のバスに乗ることはできません。しかも、私たちの宿泊した金沢駅西側のバスは対象外となっているだけでなく、実に本数が少ない。仕方なく30分ほどかけて駅まで歩きました。タクシーに乗ればいいのですけど、このあたりがケチな名古屋人根性丸出しと言いますか...。名古屋ではこういう時「テクシー」で行くと言います。この言葉は名古屋に限ったことではないようですが。

写真
▲金沢市街。駅の東側にはビルが立ち並びます。西側は田んぼ。

 さて北鉄の周遊バスで兼六園へ、兼六園と金沢城公園は隣り合わせになっているため、一度に行くことにしました。まずは兼六園。ここは加賀藩5代藩主前田綱紀(つなのり)から13代藩主斉泰(なりやす)までの藩主が造り上げた、「築山・林泉・廻遊式庭園」となっています。完成するまでには170年もの歳月がかかったそうです。なぜ「兼六園」と言うかといいますと、六つのすぐれた景観を兼ね備えているからだそうで、その六つとは「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望」とのこと。水戸偕楽園、岡山後楽園と並び、日本三名園のひとつとなっています。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET