mobile ver.

華厳の滝を見るための条件!?−日光
(2001-08-11)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 夏休みの渋滞のなか、名古屋から東名高速を走り、さらに首都高速に東北自動車道、そして宇都宮ジャンクションから日光宇都宮道路と、計8時間車を走らせていろは坂へとやってきました。

 いろは坂は日光の市街地と華厳の滝などがある奥日光の間にある坂道で、下りが第1いろは坂、上りが第2いろは坂となっています。この日はあいにくの天気だったのですが、ひょっとしたら山の上は雨がやんでいるかもしれないというかすかな期待を抱きつつ、日光宇都宮道路の終点である清滝インターから国道 120号線の第2いろは坂へ。くねくねとものすごいカーブの続くいろは坂を上り、明智平へとやってきました。

写真
▲クネクネと48ものカーブが続くいろは坂。

 明智平は海抜1,274メートルで、そこからロープウェイが運行されています。ロープウェイで行くことができるのは、海抜1,373メートルの展望台です。展望台からは中禅寺湖や華厳の滝はもちろん、筑波山や那須連峰、さらには関東平野を一望できるとのことでしたが、目の前の森さえ見えないほどの悪天候。泣く泣くあきらめましたが、この後さらに悪天候に泣かされるとは、このときは思っていませんでした。

 展望台からはこの明智平駅さえも見えないだろうと判断し、ロープウェイに乗らずに華厳の滝へと向かうことにします。日光といえばやはり華厳の滝です。日本三名瀑のひとつとなっています。華厳の滝へは第2いろは坂をさらに進むことになります。ところでなぜ「いろは坂」なのかといいますと、かつてこの坂道には48のカーブがあり、カーブごとに「い・ろ・は・に・ほ・へ・と...」と、名前が付けられたからなのだそうです。特に場所や伝説にちなんだ名前ではなかったのですね。英語で言うと「ABC坂」といった感じというわけで、結構単純な由来でした。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET