mobile ver.

同郷のお猿さんたちが頑張っています−日光猿軍団
(2001-08-12)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

日光猿軍団は2013(H25)年12月31日をもって閉園することが決まりました。

 華厳の滝のところでも「日光といって思い出すもの」というフレーズを既に使ってしまいましたが、日光といえば...やはり「猿」です。そして日光の猿といえば日光東照宮と日光猿軍団。まずは猿軍団から見ることにします。

 日光猿軍団は、世界初の猿の集団芸を見せる劇場として有名になりました。名古屋ではあまりCMを見かけることは無くなりましたが、ワイドショー番組などでたびたび取り上げられることがありますから、ほとんどの人が存在は知っていることと思います。名古屋っ子の場合は猿というと愛知県犬山市の日本モンキーセンターを思い浮かべるでしょう。実はこの日光猿軍団は、そのモンキーセンターから猿を貰い受けて結成されているんです。意外な繋がりでビックリ。

写真
▲戦うわけではないけど軍団。あ、裁判では戦ったことあったね。

 日光猿軍団はそれほど大きな規模の施設ではありません。売店と、お猿のお山とお猿の舞台、そしてなぜかアヒルのレース場で構成されています。とりあえずはその「アヒルのレース」を見てみることに。このレースは200円の参加費を払い、1着を当てると景品がもらえるもので、ちょっと射幸心を煽られます。これが結構面白くて、たくさんのアヒルたちが一生懸命に走る姿は本当に愛くるしい。愛くるしすぎてなぜか笑いがこみ上げてくるほど。多くのお客さんが同じように笑っていました。走り終わったら、ガーガーと声を出しながら水辺で休息。賭けをするのはもちろん面白いですが、見るだけでもこれは相当面白いです。まさかお猿さん以外にこんな楽しい出し物を見せてもらえるとは。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET