mobile ver.

彫刻が語る意味そして家康の遺志−日光東照宮
(2001-08-13)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

「みざる、いわざる、きかざる」で有名な日光東照宮。1999(H11)年には世界遺産に登録された神社で、正式には「東照宮」というだけの名前です。本当は「神宮」という名前だけなのに、伊勢という地名を頭につける伊勢神宮と同じです。伊勢神宮は数ある神宮のなかで別格扱いになっているわけですが、この日光東照宮も数ある東照宮のなかでやはり別格となっているわけです。

写真
▲私の父は岡崎出身なので徳川家康にも勝手に親近感。

 この日光東照宮は、二代将軍秀忠が、1617(元和3)年に徳川家康を祀って創建したもので、後の1636(寛永13)年に三代将軍家光によって立て替えられた際に、現在の社殿の姿となっています。いくつもの煌びやかな建物が、森のなかにある様は幻想的で、特にこの日は霧が出ていて趣がありました。日光東照宮ではこれらの建物や彫刻のストーリーを案内してくれる、ガイドツアーを用意しており、寸志は必要ですが誰でも参加することができます。

 石鳥居、五重塔、そして表門をくぐるとあの有名な三猿の彫刻が施されている、神厩舎が見えてきます。ガイドツアーの説明によりますと、三猿というのはこの神厩舎に彫られた8面の彫刻のうちのひとつなのだそうです。8面は猿の一生を描いたものでありながら、それは人として平和に一生を過ごすための導きで、三猿は幼少期の猿を表現したものとのこと。小さな頃はまだ悪いことを見ない、言わない、聞かない方が良いということを示しています。確かに、今は凄惨な事件が毎日のようにテレビや新聞で報道されていますけれども、それらを直接全部子どもに見聞きさせてしまうことは、その子の人生に大きな影響を与えることになるでしょうからね。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(2)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET