mobile ver.

奈良に鹿がいるのってどうしてだっけ?−奈良公園
(2008-10-14)

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

 ふらっと近鉄で奈良へとやってきました。奈良といったら定番の奈良公園。近鉄奈良駅から頑張れば徒歩で行くことができます。小学生の頃に修学旅行で訪れた際に、やたらと大きな神社やお寺があるという印象を受け、野放しの鹿たちにちょっと怖さを感じたものです。

 今回は、そんな鹿たちのいる奈良公園と、周辺の春日大社、東大寺を見て行きます。そもそも、どうして奈良公園には鹿がいるの?

写真

実は大部分が国有地

 近鉄奈良駅から東へと歩いていきますと、まず見えてくるのが国宝の五重塔と東金堂のある興福寺。藤原鎌足ゆかりのお寺で、藤原氏の氏寺となっています。さらに歩いていきますと、右手に奈良国立博物館が現れます。1995(H7)年に開館100周年を迎えた歴史ある博物館で、仏教と関わりの深い古美術品や考古遺品などが保存されています。

 国立博物館のはす向かいには奈良県庁があります。あれ?奈良公園ってどういう位置づけなの?と思い調べてみると、実は大部分が国有地なんですね。それを無償で奈良県が借りる形で、県の管理下に置かれているのです。

 そうすることで、二重の管理体制で景観を維持しているわけですね。ですから、興福寺から先にはコンビニなんてものは一切ありません。

写真

あうんの呼吸でお出迎え

 国立博物館を越えて、その名も「大仏殿」という交差点を左へ曲がると、東大寺です。このお寺は奈良時代に聖武天皇が建立したもので、奈良の大仏こと「盧舎那仏(るしゃなぶつ)」を本尊としています。

 まず出迎えてくれるのが、国宝の「南大門」です。現在あるのは2代目...と言ってもなんと1199(正治元)年に再興されたものですから、今から800年以上前のものです。水平にいくつも木材を配し、柱を貫通させることで頑丈にする構造となっていて、さらには天井を張らないことで装飾した構造材を見せる形なので、門のなかで上を見上げるとものすごい吹き抜け感を感じます。そして横から感じる目線...。

< ページ移動: 1 2 3 4 5 >

コメント(13)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET