mobile ver.

アルプスを一望・長野と信州と松本と−アルプス公園
(2008-05-12)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 少し前に、国宝松本城の記事を書きましたが、松本市にやってきたのは仕事ででして、その合間を縫っての観光でしたので、そんなにあちこちへと行くことはできませんでした。松本城を見た後は、昼食を兼ねて長野の山並みの景色を見たいということで、松本市内の「アルプス公園」へと行くことにしました。

 アルプス公園は、「子ども冒険広場」や「音楽広場」「森の里広場」など、緑あふれる公園で、まあ、どこの市にもありそうな自然体感型の都市公園なのですが、やはりそこは長野県。標高800メートルの山頂にあり、空気が違います。

 そこで、長野県における松本市の位置づけについて考えてみます。

写真

展望台から絶景が見られるのですが...

 アルプス公園には「松本市山と自然博物館」という施設があり、登山の道具や動物のはくせい、植物標本などが展示されていて、展望台にもなっているのですが、残念ながらこの日は休み。休館日でも展望台部分だけは開放していて欲しかった...。綺麗な写真が撮れそうだったのにな。

 この建物はかつて「アルプス山岳館」と呼ばれていたのですが、昨年5月に無線中継設備が併設され、博物館としてオープンしたとのことですが、見られなかったので何とも...ですね。

写真

やたらと石碑や石像が多い

 公園内には、自由に無料で利用できる「マレットゴルフコース」があります。自然の起伏を生かしたコース作りがなされており、この日も多くの人が利用していました。結構その起伏が鍵になってきますねこれは。

写真

 そのマレットゴルフコースの近くには、ものすごい勢いを感じる「葦牙の神」の像が。「緑萌え」を人物の形で表現するとこうなるのか...といったところですね。これぞ本物の「萌え」です。

< ページ移動: 1 2 3 4 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET