mobile ver.

参拝記念にあんこで包んだ御餅・それは?...寒川神社
(2008-02-12)

< ページ移動: 1 2 3 4 >

 偽装発覚から4ヶ月弱、今日から名古屋でも赤福の販売が開始されました。販売再開で大行列ができ、ゲームセンターで価格上乗せ販売されたり、ネットオークションに流れたりと、なんだか赤福フィーバーになっていますね。

 しかし、伊勢の直営店以外で販売することについて、三重県に報告する必要は無いと言い張って、県から罰金をちらつかさせられたり、そもそも伊勢名物にもかかわらず、地元土産店に卸す前に、直営店とはいえ名古屋での販売を優先させるなど、この期に及んでカネカネカネの会社が作ったものを口に入れる気にはなりません。

 でも、餡子で包まれたお餅が食べたい...とはいえ同じ伊勢名物のアレはおいしくない...ということで、はるばる神奈川県へと行ってきました。

写真

厄年・大殺界・天中殺どんとこい?

 やってきたのは、神奈川県高座郡寒川町。ここには、相模国一之宮として、江戸時代は相模国(現在の神奈川県)で最も社格の高い神社であった「寒川神社」があります。

 四方八方からやってくる、あらゆる災いを除けて健康で幸福な毎日を送れるようにと、八方除けの守護神として信仰が厚く、この日は紀元祭ということもあり多くの人で賑わっていました。

 そして祈願受付にはものすごい行列。寒川神社では、地相や家相、方位や日柄の悪いところを除けてくれる八方除け祈願を毎日行っています。

 そうですよね、よく、「この方向はよくない」「この日はよくない」なんて言われたりしますけど、どうしてもその日やその場所でやらなきゃいけないこともありますものね。なんと心強い神様なんでしょう!

写真

さすが八方除けな神社の狛犬はすごい

 寒川神社の御祭神は寒川比古命と寒川比女命で、あわせて寒川大明神と奉称しています。創始はわかっていませんが、今から1550年ほど前の雄略天皇(459-479)の頃には存在していたという記録が残っているとのことです。

< ページ移動: 1 2 3 4 >

コメント(8)
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET