mobile ver.

最古のモノレールは孤独に50周年...上野動物園
(2007-12-16)

< ページ移動: 1 2 3 >

 欠陥品だったドリームランドモノレール、非主流の形式で修理不能になった向ヶ丘遊園モノレール、キャッチフレーズどおり未来と結ばれるのか疑問の、債務超過な多摩モノレール。横浜ドリームランドの跡地探訪からスタートして、関東のモノレールにまつわるお話を紹介していますが、どれも暗い話になってしまいましたので、わが国で最も長い間走り続けているモノレールを見に、JR上野駅へとやってきました。

 と言っても、この上野駅からモノレールが走っているわけではありません。上野駅から歩いて数分の、東京都恩賜上野動物園へ。最古のモノレールは上野動物園のなかにあるのです。

写真

 せっかく上野動物園へやってきたのですから、ちょっと寄り道。上野と言えばやっぱりパンダですよね。日本国内でパンダのいる動物園は、この上野と、神戸の王子動物園、そして和歌山のアドベンチャーワールドの3園のみで、名古屋近郊の動物園ではお目にかかることができません。

 上野動物園を見渡してみますと、名古屋の東山動物園と比べると面積は半分以下ということもあり、狭くて小ぢんまりした印象を受けます。でもやっぱり、パンダの存在は魅力的。

 私は中学生の頃、修学旅行で初めて東京にやってきた際、自由行動でこの上野動物園にやってきたのですが、その時以来のパンダとの再会です。元気な姿を見られるか...。

 しかしやっぱりそこはパンダ。この日は雨で気分も良くなかったのでしょう。うつぶせで、後ろ足も伸ばしてヤル気ゼロ。でも、そんなところもカワイイ。

写真

 あ、モノレールでしたね。上野動物園にあるモノレールは、東園と西園を結んでいるもので、開業は1957(S32)年12月17日、明日で50周年を迎える、日本で初めての常設のモノレールです。

< ページ移動: 1 2 3 >


コメント投稿
コーナーTOPへ戻る サイトTOPへ戻る

copyright (c) TOPPY.NET